にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出馬表こそ予定調和の証


ども、管理人の風龍です。

いつもブログを見て頂きありがとうございます。

当初から連対候補の列記のみでどのようなアプローチ法なのかという声もあり

確かに本当に抽出しているのかと思われても仕方がありません(笑)。

そこで今回秋競馬も本番になりその封印の半分を解きます。

私自身も次の段階に入りましたので抽出法を少し公開したいと思います。

先週のセントライト記念を例に抽出してみましょう。


まずは4つのテーブルを用意します。

1.馬名五十音順
2.賞金順
3.騎手名五十音順
4.調教師名五十音順


この4つのテーブルを使いどのようにして連対候補を抽出するかは

公開鍵を使用します。

公開鍵それは


The G-Files079

毎週発表される「The G-Files」です。

1着 7枠13番[地]コスモバルク
2着 3枠04番  ホオキパウェーブ
3着 8枠14番  トゥルーリーズン


この成績の馬番数字が鍵となります。

それは開催場所によっても使う数字が違いますし当日も変更されます。

なぜ取り消しがあるのでしょうか?なぜ1分だけ発走時刻が変更されるのでしょうか?

もちろん基本は1着馬番の「13」ですが変更が生じれば2着馬番「04」となる訳です。

当日セントライト記念の鍵は「04」すなわち4番目です。


1.馬名五十音順4番目   ゲシュタルト
2.賞金順4番目      ミキノバンジョー
3.騎手名五十音順4番目  柴山(ヤマニンエルブ)
4.調教師名五十音順4番目 奥平(シルクスチュアート)

抽出方法は至ってシンプルな訳です(笑)。

2着馬のヤマニンエルブが簡単に抽出されました。

基本はこのような感じであくまでも半分ぐらいの公開でしょうか。

私の入り口もここからでした。

少しでも参考になればと公開してみました。

The G-Filesはサイン的要素も強いですが違う使い方もあるという事ですね。
 


にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします!!



スポンサーサイト
[ 2010/09/22 20:23 ] 機-カラクリ-BREAK | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/24 01:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winddoragon.blog79.fc2.com/tb.php/321-24e06a0d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。