にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出馬表と数字


先週の競馬ではJRAのHP上で登録抹消馬が発表されていましたが
サイン的な話でも出馬表には数字がつきものという話です。
3頭の馬が抹消となりいずれも写真つきで掲載されました。
その馬のゼッケン番号がサインというのはよくある話で、その使われ方が
いい見本になっていました。


ブルーショットガン号
ブルーショットガン号

これはゼッケン番号が直接来ましたね。

共同通信杯

3着 5枠09番 トップカミング

シルクロードS

3着 5枠09番(外)モルトグランデ


ソリッドプラチナム号
ソリッドプラチナム号

今度はゼッケン13番の「13」という数字の見た目を使ったパターンでしょうか。

小倉大賞典

1着 枠02番 サンライズマックス

2着 枠05番 ヤマニンキングリー


アドマイヤメイン号
アドマイヤメイン号

このパターンが解りづらいでしょうか。
ゼッケン6番の「6」という数字を和で表現するパターンです。

シルクロードS

1着 枠08番 アーバンストリート

2着 枠04番 ソルジャーズソング

2+4=6という事なんです。


特に「13」を枠連1-3や馬連01-03に変化させる事を考えると何故フルゲートが
18頭立てに定められたのかよく解ります。
「18」番というのが枠連1-8を表現する事ができてしっくりきます。
これは引退式などでも馬がゼッケンを付けてきますので大注目です。

あの有名なマンハッタンカフェとアメリカンボスの有馬記念当日にシルクジャスティスが
引退式にゼッケンを付けて登場していました。
ゼッケンは「14」番、結果は枠連1-4、馬連01-04の一発でした。
循環14番目は確かに01番だったがこれなら一発という訳。
数字は大切です。


にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
スポンサーサイト
[ 2009/02/12 00:17 ] 2009年競馬 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/02/12 21:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winddoragon.blog79.fc2.com/tb.php/25-e84c7ee5








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。