にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

競馬は機械的に考える!?

JRA競馬の枠順は建前上GI以外のレースはご自慢のスパコン「JARIS」で
出馬表を生成しています。
GIの枠順が抽選によるものというのは表向きだがあれほど緻密に組まれた
ものが抽選とは思えない。

そもそも相手がスーパーコンピューターなのだから相手は強大な敵である。
ロマン派のような感情丸出し馬券では勝ち続けられないのである。
競馬には数字がつきものでコンピューターの世界も0と1の数字ですよね。
数字にこだわるというのはここからも来ています。

なかなか機械的に考えるというのは難しいですが例えば競馬ソフトや
日刊のコンピ馬券術は案外理に適っているのかもしれませんね。
ただこれでは機械まかせで自分で考える面白みが無いわけです。
そこで出馬表解読の方向に進んでいくのですが、出馬表はコンピューターで
組んでいるという事はできるできないは別として逆算すれば答えに辿り着く!?

どのように組まれているかというカラクリが解れば紐解ける、言葉で言うのは
簡単だが実際複雑過ぎて人力で解読できるのかと私も疑問であります。
しかし挑戦しなければならない、だから競馬は面白い。
ノーベル賞級の科学者にまじめに研究してもらいたいぐらいですが凡人の
私には日々精進していくしかないのです。

競馬番組表解読の考え方は非常に論理的なのでスタイルとしては
理に適っていますし数字の話をすれば実は彼らの方が馬券術に
取り入れています。
私の理論ともカブっている部分がありますが私には真似はできません。
でも考え方は好きでよく解説などを読みます。

出走予定馬が登録されると馬名五十音で馬は並べられています。
そして枠順が発表になる訳ですが五十音順の序順数を持つ馬が
出馬表の新たな馬番数値に配置されるわけです。
すると馬名五十音数と馬番数値の一致する馬が出現します。
何故一致するのかそこに意味を求めていくのが私の理論です。


にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
スポンサーサイト
[ 2009/01/28 00:12 ] 2009年競馬 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winddoragon.blog79.fc2.com/tb.php/14-b1a66be4








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。